真夏キャンプを最高に楽しむ5つのこと【フレンドパークむかわ】on YouTube

YouTube
スポンサーリンク

こんにちは、ジュンCAMP
)です。

9/10(土)夜20:00より

『真夏キャンプを最高に楽しむ5つのこと【フレンドパークむかわ】』

を公開しました。

今回の場所は山梨県北杜市にある「フレンドパークむかわ」。

以前こちらのキャンプ場はキャンプ場レポをあげています。

去年と一昨年、8月に行っていますので今回で3回目となります。

今回は御殿場の時と同様ぼくの先輩ご夫婦とのグループキャンプとなります。

それではご視聴よろしくお願いします!

スポンサーリンク

動画概要

最大の見どころはなんといっても大武川!

今回の動画は大武川の綺麗さが伝わればいいと作成しました。

真夏キャンプ、苦手な方多いのではないでしょうか?

ぼくも暑さはめっぽう弱くて・・・(汗)

ただ今回の真夏キャンプは最高に楽しめました。

そのポイントは5つです!

ジュンCAMP
ジュンCAMP

動画内に5つのポイントとして載せましたので是非チェックしてみてください。

①標高の高いキャンプ場を選びましょう

ここが一番重要です。

標高が100mあがるにつれて-0.6度下がると言われています。

できれば1000m以上のキャンプ場を選びましょう。

②林間サイトを選びましょう

昨年こちらのキャンプ場のオートサイトで熱中症になりかけました。

その教訓から今年は林間サイトを選ぶようにしています。

これで暑さ対策がかなり違います。

動画内ではタープを張っていますが、張らなくても充分の涼しさです。
(タープを張ったのは雨の可能性があったため)

③安全に川遊びができるキャンプ場を選びましょう

大武川はとにかく綺麗!

透明度が素晴らしく、また川の中心の方はすごく冷たいのです。

ぼくは3年前に来て以来大武川に魅了されてしまいました。

全体的に浅瀬になっており、川も段々なのでお子様もとても安全に遊べます。

④夏はやはりスイカ(笑)

なつの名物といえばやはりスイカでしょう!

川で1玉冷やして食べるスイカは格別!

夏を感じることできます。

⑤サイトで花火

サイト内で花火ができるキャンプ場は意外と少ないんですよね。
(特定の場所でのOKというキャンプ場はよくありますが)

こちらのキャンプ場はサイト内で花火OK(ただし打ち上げ花火はNG)

夏の夜はやはり花火ですね。

ここからは小ネタ集。

⑥扇風機は必ず持参しましょう

やはり扇風機はあったほうが絶対いいです。

⑦YETIよりも車載冷凍冷蔵庫が超オススメ!

これは断然オススメです。

一度ぬるくなったビールなども冷やし直すことができるって素晴らしい!

真夏では車載冷蔵庫がメインでYETIがサブです。

⑧かき氷

今回かき氷器を持って行ってたのですが、結局園内のお食事処で食べちゃいました(笑)

使用テント

今回も前回のグループキャンプ同様我が家はヴォールト、先輩夫妻はランドロック、ダイニングはヘキサエヴォpro.の組み合わせです。

やはりヘキサエヴォは区画サイトでは使いづらい・・・(汗)

今回雨予報だったので念のため張りましたが、林間サイトの日陰のおかげせかなり過ごしやすかったのでなくても良かったです。

関連動画

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は川キャンプをお届けしました。

川遊びが楽しい時期はほんのわずかなので、来年は是非行ってみようと思ってもらえたら幸いです。

キャンプ動画なのでお酒でも飲みながらゆっくり観て頂けると嬉しいです。

それではご視聴よろしくお願いします!

おしまい!

ブログ村ランキング参加しています。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジュンCAMP

関東在住、一児の父、2019年よりファミリーキャンプにドハマリ。
月3.3万PVのキャンプブログ「ジュンCAMP blog」運営中。
2022年1月よりYouTube「ジュンCAMP channel」開設。
運営半年総再生回数12.4万回、総再生時間9040時間。
当チャンネルは毎週土曜日夜20:00更新!
チャンネル登録、高評価よろしくお願いします!

ジュンCAMPをフォローする
YouTubeキャンプ
スポンサーリンク
最後まで読んでくれてありがとうございます!
ジュンCAMPをフォローする
ジュンCAMP blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました